トイレで起こるショッキングな事態は業者に任せて一安心

Wash your hands

トラブルの対処法

自分で水漏れを直す

トイレの水漏れは、トイレタンクやタンクと便器を繋ぐ配管、便器と床の間、便器のヒビなどから起こります。トイレからの水漏れが起こったら、まずは止水栓で水を止めて、冷静に原因をチェックしてみることが大事です。意外と単純なことが原因となっている可能性もあります。 基本的に故障や経年劣化によってトイレの水漏れが起こったら自分で修理をするのは大変です。経年劣化によってできた便器のヒビなどは、接着用のボンドで応急処置ができます。しかし、最終的には買い替える必要があります。トイレタンクから水漏れをしている場合は、タンクの構造をチェックしてみて、不具合があったら修理をします。タンクもひび割れている場合は新しいものに交換する必要があります。

業者の修理代金

トイレの水漏れを専門の修理業者に依頼して直してもらった場合の料金を調べてみると、まず基本料金として3000円〜5000円がかかります。基本料金は依頼すれば必ず支払う必要がある料金で、「出張料金無料」と謳っている業者ほど基本料金が高く設定してある傾向があります。 次にかかるのが作業料金です。作業料金はスタッフの人件費のようなもので、作業の難易度によって料金が上下します。単純な修理なら1万円くらいで済みますが、複雑な修理を要するものだと3万円以上することもあります。 部品代などの実費も必要です。トイレタンクの内部の部品が壊れていて交換しなければ直らない場合は新しい部品の代金が基本料金に上乗せされます。